カテゴリー : 過去のブログより

過去のブログより~会社を辞める

今日は久しぶりに、過去の私のブログ、それもあまり公開されていないものから「会社を辞める」というタイトルをついたものをご紹介します。
10年前のもの、ホント、一昔前ですね。
私がFM大阪をやめた時の話が書かれています。
別に、そんなに辞めたくて辞めたわけじゃないのですが、当時の社長が無理やりやめさせた感じもしますね。
今の会社を辞めようと思っておられる方に参考になればと思って掲載します。
では、のちほど。

2002-1-18 21:39
リストラ大はやりですね。
労働者をこんなに簡単に首を切る時代がやってくるなんて思いもしませんでした。
ターゲットはもちろん団塊の世代でしょう。
絶対数が多いし、50代だし、仕事の中味が収入とつり合っていないし。

本人も辛いでしょうなあ。
新しいことも今さらできないし、管理職以外はあまりやりたくないでしょうし、今住んでいるところから離れたくはないでしょうし。

内心、こんな会社辞めたいと思っていても、その後の人生設計がまるで思い浮かばないのが本当のところでしょう。
いつ死の宣告が来るのかをヒヤヒヤしながら待っている、そんな心境なのでしょうね。

私がFM大阪を辞めたのは43歳の時でした。
ミュージックバードに出向していて、ここで仕事をしていても自分のプラスにはならないと実感したのがきっかけでした。
自分の時間が勿体無いと思ったのです。
で、FM大阪の社長に「やめたいのですが・・・」とおそるおそる申し出たところ「お、それはおめでとう。君がやめるのは会社としても好都合だ。とにかく今後の活躍を期待しているよ。」
あっさり言われてしまった。
義理でも引き止めるぐらいの言葉はないんかい。

強く慰留されたら、会社を辞めるのは思いとどまるつもりだった。
でも、全くその素振りなし。
勝手にやめて申し訳ないなと少しでも思った気持ちも空回り。
結局、俺はそれぐらいの存在だったんだと意気消沈した次第。

会社を辞めて得したか、損したか。
それは、何とも言えない。
今は会社の経営者なので、そりゃ普通にサラリーマンしているよりはるかにしんどい。
植木等さんの歌にもあったが「タイムレコーダ、ガシャンと押せばどうにかカッコがつくものさ」のサラリーマンだ。

時間の自由はないが、それでも毎月ちゃんと振り込まれる給料があるだけでも、どれだけ幸せか。

経営者なんて無茶苦茶儲かっている時しか心休まる時はない。
ちょっとぐらい儲かっている状態だと、かえって金の使い道に迷ってしまうだろう。
何しろ、社員は儲かっていることを知っている。
当然給料を上げてほしい、ボーナスをもっと寄越せとか、色々と要望がでてくるはず。

でも、ちょっとぐらいの儲けなんて、どこかのクライアントが飛んでしまえばそれで簡単に消えてしまう。
その為の金がやはり確保されねばならないし、万一の為に自分の財産も投げ出さないといけないかもしれない。

よく、社長の給料を高すぎるなんて言う人がいる。
社長の給料は、いわゆるオーナー社長である限り、高ければ高いほどいい。
社長は社員と違って、入った収入はいつでも会社に投げ出す義務がある。

儲かっている時は、できるだけ多く貰うが、会社が厳しくなると一円も会社からは貰わないなんてことも覚悟しないといけない。
社員には給料は払っても自分は我慢する。
資金繰りがすべてなのだから、自分の給料貰っている場合ではないのだ。

つまり、それほど会社を経営することは自分を犠牲にすることでもあるということだ。

やっぱりサラリーマンは気楽でよかった。
サラリーマン社長なんて言う人も多いが、こういう人は結局実業の世界では決して評価されることはないだろう。

ダイエーの中内さんも本当に大変ですね。

さて、会社を辞めることは、とにかく大変なのである。
得か損かはわからない。
ただ、辞めたしばらくは、ほとんどの人が迷うだろう。
私の選択は本当に正しかったのだろうか、と。
文句ばかり言っていた会社だが、今から考えるといいところもたくさんあった。
こういうことは外に出ないとわからないものだ。
本当に何でやめてしまったのだろう。
あんな、社員思いの会社はそうはなかったのに。

でも、これは仕方のない話です。
辞めてしばらくは、どちらにせよ新しい環境で自分の場所を見つけだすことから始まります。
そりゃ、大変です。
前の場所にいたら、しなくてもいい努力です。
その分、前の方が良かったと思うのは当然です。

結局、会社を辞める時に必要なものは、自分の夢にかける情熱です。
それがなければ、辞めるのは最悪の選択です。

さて、会社を辞める話は書き出すときりがありません。
長くなるので、今回はこれぐらいにしておきます。

あれから10年経ちました。
私も本当にいい歳になってしまいました。
今よく思うことは、あの時辞めなかったら今頃私はどうなっていたかということです。
何かややこしいことに巻き込まれていたような気がします。
あれからFM大阪を含めてラジオ業界、本当にいろんなことが起きましたからね。
例え今私が会社のトップになっていたとしても、戸惑うことばかりだったろうと思います。
経営者なんか、誰でもなれるとは思わないほうがいいですよ。
結局、今の自分に耐えられる人しか、困難な時の経営者には向かないというのが私の意見です。
景気のいい時は誰だって社長になれますからね。
さて、長くなりますが、本編には続きがあります。
ついでに載せておきますので、おヒマな時にでもお読みください

2002-1-19 23:44
会社を辞める年令について考えてみる。

20代で辞める人。
今はいくらでもいるだろう。
辞めた側も辞められた側もあまり痛痒を感じない。
結婚していたり、子供がいたりするとちょっと問題かも。
ま、そういう状況の人はその理由だけで辞めたりしないだろう。

辞めることによって次の世界がありそうなのは、30代半ばぐらいから40代半ばぐらいの人。

この世代は、辞める理由が他の世代よりはっきりしている。
今の環境にいるよりも、別の環境に行った方が自分は生かされるという判断がある。
10年以上も会社に居れば世の中の大体のこともわかるし、自分の力量もわかる。
ちょっとした管理職も経験しているだろう。

そういった状況にあって、会社を辞めるわけだ。
そりゃ、他の世代より意味ある転職が可能だろう。

40代後半から50代で会社を辞めるというのは、ちょっと悲惨。
そこまで一つの会社に居れば、なかなか他の会社に馴染めない。
応用力も衰えているし、体力もちょっと心配。

又、辞めたところで、喜んで受け入れてくれるところもなさそうだ。
給与は下がるし、待遇も悪い。
当然、会社への文句も多くなるだろう。

俺が働いてやっているのに、何だこの待遇は。

そんな文句聞かされたら、受け入れる側も嫌になる。

この世代、辞めたら自分に対して謙虚であり続けるしかない。
世の中のついでで、私は生きさせてもらっております。
どうぞ、私をお好きなようにお使い下さい。

会社を辞めさせられた人も、この心構えは大事だ。

タレントの世界なんかもっとシビア。
本当に仕事が欲しい人は、どこまでも謙虚でなければならない。

何でもやらさせてもらいます。
レポーターでも文句言わずにやりまっせ。

そんな仕事、やってられっかい、俺はスターだぜ、なんて言っていると、仕事はどんどん減って行く。

本当にスターだったら、仕事の方からどんどんやってくる。
しかし、そうなったらそうなったで、自分の時間がほとんどない。
金はあっても使う機会がない。

で、スターは馬鹿馬鹿しいものに金を使う。
車、女、酒、マンション。

金の使い方を合理的に考える時間がないのだ。
哀れなり、日本のスター達。

閑話休題。

とにかく、貴方が30~40代で、今の会社にいても未来は開けないと確信し、自分の得意な分野を自覚していて、そのためには会社を辞めるしかないと思える人だけ、辞表を書けばいい。

それ以外の人にはおすすめしない。

ほっといても辞めさせられるかもしれないではありませんか。
自分から、嬉しそうに手をあげるなんて愚の骨頂としかいいようがありません。




過去のブログより~今年の音楽界

11/1付けでワーナーミュージック・ジャパンの代表取締役会長 兼 CEO に就任された石坂敬一氏のインタビューがある。

http://www.musicman-net.com/report/66.html

東芝から始まり、EMI~ユニバーサルと渡り歩き、そして今度はワーナー。
ビートルズの名前とともに、進化されてきたという印象が強い石坂氏。
今も現役で溌剌と活動されていることに敬意を表したい。
石坂さんがこれから何をしようとされているのかは、インタビュー記事を読んでいただくことにして、その中での次の発言にはとりあえず注目してみたい。
「今大きく言えば、アイドル、K-POP、アニメソング、子供の歌、それからJ-POPがあって演歌、洋楽。この中で、今のトレンドの中心はアイドル。」
音楽業界が活性化するには、シングルヒットが欠かせないというのは私も同感。
アルバムは芸術作品としては重要なアイテムだが、業界の賑わいを作りだすには、もっと小さいものがあちこちで飛び跳ねているという現象が大事だろう。
シングルヒットを生み出せない音楽業界は沈滞するだけだ。(ま、クラシックとかジャズといったレベルで存在することで良しとするなら、あえていいませんが。)
で、今のトレントをアイドルといい、ついでK-POP、アニメと並べていくのを見ていると、さすが業界がよく見えているなあと感心する。
このプライオリティの認識、なかなか重要ですよ。


さて、それはさておき、今日は10年前に書いたブログから「今年の音楽界」を紹介する。
10年前の音楽界に対する認識、参考程度にお読みください。


2001-12-4 20:47
レコード業界も年末商戦まっただ中です。
思うようにCDが売れないのは今年に始まったことではありません。
しかし、今年は輪をかけてやばいそうです。

ちなみに先頃発表されたNHK紅白歌合戦の出場組で、年間100万枚以上売り上げたのは次の7組。

浜崎 あゆみ /ケミストリー /モーニング娘。 /ゴスペラーズ /DA PUMP /ウルフルズ)& Re:Japan
/エヴリ・リトル・シング

演歌歌手はほとんど10万枚以下だそうです。

紅白歌合戦は、言ってみれば今年の巨人軍みたいなものかもしれません。
中年以上のオッサン、オバハンにしか支持されそうもないということです。

宇多田、倉木、aiko、矢井田、桑田、ミスチル、ユーミン、GLAY等々。

紅白歌合戦に出場するインセンティブなど、この人たちにはきっとないのでしょう。

中島みゆきが出るそぶりを見せたと週刊誌にはあったが、今さら出るはずないよ、と私さえそう思う。

で、振り返って今年の音楽界はどうだったのだろうか。

一言で言うと、インパクトに欠けた一年だったといえる。
ケミストリーとか、矢井田のブレイクは今年だったかもしれないが、デビュー的には去年だったはず。

コブクロもイマイチ届かずというところか。

総じて、ニュームーブメントがやや貧困な一年だった。
メーカーは数字の読めるアーチストしかCDを作らなかった。
こういうのは切磋琢磨が基本のはず。
生きのいい新人アーチストが、様々なジャンルで出て来ない限り、活性化等ありえない。

今や、レコード会社は売れそうなジャンルの音しか作らない。
で、結果、どれも同じような音になってしまい、音楽ファンの一部のコアな連中は、ああだこうだと言い合っているが、その周辺で音楽を聞いている層には、わざわざ買って聞こう等とは思わない曲ばかりになる。

コアな部分で商売できるほど、音楽業界は小さくない。もっと多くのユーザーが買ってくれないと、業界はもたないのだ。
にもかかわらず、この体たらく。

音楽事務所からは脱税による逮捕者続出。
某女性歌手など、移籍料17億だと。

そんなボロい商売?だったら、買ってやらない!
何か消費者を食い物にしているようなイメージを持ちませんか?みなさん。

来年の音楽業界は、ますます厳しくなります。
音楽交換ファイルによる、ユーザー同士の曲の交換はもっと活発化するでしょう。

今はやり方を、ユーザーが知らないだけです。
使いはじめたら、滅多なことではCDなど買わなくなります。

レコード業界には、今のところ何の打開策もありません。
できるのは、著作隣接権の主張の下に、新しい音楽ツールを排斥することだけです。

そんなことやっている場合でしょうか。

落ち目の紅白、もうやめたらいいのにのレコード大賞の中継(賞自体はやめないでね)。
音楽の流通は今や過渡期です。
来年こそは、積極的なソリューションの提起を是非お願いしたいものです。



10年前の、もはや落ち目と書いた音楽業界、それでも100万枚以上の売上があるアーチストはまだ一杯いたのだということがわかる。
今は、選挙権とやらがついて、やっと100万枚。
もはやミリオンなんて、業界的には稀有のことという認識が一般的なようだ。
何しろ、最近では3万枚売れれば、とりあえずOKらしい。
ほんと3万枚なんて、ついこの間まで、鼻もひっかけないような数字だったのに。
音楽交換ファイルは、何とか業界は退治できたようだが、それ以上のメディアが生まれたことにより、結局パッケージ・コンテンツは衰退し、ノンパッケージが業界人のハンドリングできないまま普及してしまった。
10年前は使い方を知らなかった普通の人が、当たり前のようにスマートフォンだのiPodだのをいじっている。
なのに、業界人は相変わらずCDの売り上げがどうのこうの。
TBSのカウントダウンTVなんか、いつまでやるつもりなのだろうか。
さて、これからの10年、音楽業界はどう変わっていくか。
もし、私がこういうものを書く機会があったとしたら、その時にもう一度この問題にコメントするのも一興ではあるまいか。

過去のブログより~人の心の弱さ

村上龍のことを少し書いた過去のブログを紹介する。
8年前、村上龍原作「昭和歌謡大全集」が映画化された時、プロモーション・イベントを東京と大阪で実施したのを思い出す。
配給はシネカノン、韓国映画「シュリ」や「JSA」が大当たりしていた頃である。
ゲストにピンキー(今陽子)さんや、細川ふみえさん、内田春菊さん、そして主演した松田龍平さんとか。
映画を上映するわけではなく、原宿のギャラリーに昭和歌謡関連のグッズの陳列、そしてシームレスに流れる昭和のヒット曲で映画をプロモートするというものだった。。
ピンキーさんは、学生時代の私の憧れの人だったが、何か二人きりになってしまって、正直年甲斐もなくあがってしまった。
色んなことをイベント・プロデューサーの私に聞いてこられる、その一つ一つの言葉がまぶしかったのだ。
それに、いつまでも若く、みずみずしく輝いておられた。
この時のイベントからは、色んなエピソードが思い出されるのだが、また書く機会があればその時にでも紹介したい。
では、過去のブログから、「人の心の弱さ」。

2003-12-26 20:45

環境が不安定になれば、人間の心も不安定になる。
心が平穏なら、判断を間違ったりしないものだが、何かにかきまわされると、とんでもない失態を演じたりする。

最近では、オレオレ詐欺にかかったりするのもそう。

普通なら、そう簡単に赤の他人の演技にだまされることなどない。

ただ、交通事故で大変だということを頭に言ったり、誰かに脅されていて殺される等と言ったら、受ける方は絶対に動転するはず。

受話器の向こうが誰であろうと、孫だと言っている相手が切羽詰まった状態にいることは理解できるだろう。
じゃあ、その相手が本当に孫なのか?

つまり、孫か孫でないかを判断する前に、受ける側が動転してしまえば、そんな判断力は働かないと思った方がいい。

冷静になって、初めてわかるのだ。
おかしいな、と思っていたのだが、相手が切羽詰まっているので、自分もそれに煽られてしまった。
ああ、なんてことを。

自分はそんなことはない、なんて思ってはいないだろうか。

今まで、財布とかカバンなどを失ってドギマギしたことはなかったろうか。
呆然として、しばらくどうしていいかわからない、という状況になったことはなかったろうか。

そんな経験のある人は、多分、オレオレ詐欺にもかかりやすいと思った方がいい。

詐欺にかからない人は、よほどそういう詐欺的状況になれている(つまり場数を踏んでいる)か、財布やカバンがなくなったからと言って、ま、何とかなるさと思える人だ。

夢で、カバンを置き忘れる夢なんてしょっちゅう見る人は、用心したほうがいい。

詐欺は、そういった、こうあったらどうしようという心の陥穽に入り込むものなのである。

人の心には、いくつかの穴があるものだ。

普通の状況では、その穴はあまり感じないものだ。

しかし、極限状況、つまり精神的に動揺するようなことがあった時、穴は見事に開き、やすやすと判断力も理性もその穴の中に落ちてしまうのだ。

おれは、大丈夫だなんて平常時にはいくらでも言える。

突っ張っているやつほど、心理的圧力には弱いものなのだ。
あまり、原理原則を持たない人、何があってもなるようにしかならない、と思える人、そんな人はほとんど詐欺なんかにはかからない。

ただし、物事に対する思い入れもないから、友達としてはイヤな奴ではあるのだが。

村上龍の「69」を読了した。
1969年の自分の高校時代の一部を描いたと村上氏は書いていた。

その中で、主人公は高校をバリ封鎖して、適当なところで逃げ出す。
仲間と彼はその成功に有頂天になり、学校という権力機構に一矢報いたと無邪気に喜ぶ。

しかし、やがて警察がやってきて、主人公も含め全員補導されるのだが、今まで強気なことばかり吐いていた連中が次々に警察の取り調べに耐えられず、仲間を売って行くのだ。

早い話、みんなヘタレなのである。
ちょっと精神的に揺さぶられると、今まで突っ張っていたものが自分を悪い立場に追い詰めるのだと思いはじめる。

しゃべってしまえば、楽になるよ、と唆されると後は一気呵成の自白ショー。

人間なんて、小市民そのものだ。

人間はプライドは大きいが、心は小さい。

プライドの高いやつほど、ちょっとした挫折で鬱病にかかったりする。

そんなやつを一杯見てきた。

弱いやつほどキャンキャン吠える。

「69」を読み終わって、久しぶりにそういう諦観が甦った。
大学時代、権力と対峙していた時、あるいは違うイデオロギーの連中と対立していた時、この諦観は何度も頭の中をループしていたものだ。

結局、修羅場に強くならないと人はだめなのだ。
理屈なんか、いざとなれば役に立たない。

場数が人を成長させるのだ。
そして、人の心がどれだけ頼りないものであるかを、実体として認識できるようになるのである。



日本の軍隊では「星の数よりの飯(メンコ)の数」という言葉があったと浅田次郎氏が何度も書いている。
階級よりも、兵隊としてどれだけ飯を食ってきたかで価値が決まるという。
つまりは修羅場に強くなるには、現場でどれだけ飯を長く食ってきたかが重要であって、知識なんか屁の突っ張りにもならぬということかもしれない。
私は放送現場では、長く飯を食ってきた方なので、そういう修羅場にはまあまあ強い。
しかし、軍隊でも同じだと思うが、出世競争のような陰湿なものにはどちらかというと弱い。
プロデューサーにはなれても、社長にはなれない、ま、その結果が今の私なんだろうね。