カテゴリー : 2011年 10月6日

私はいかにしてプロデューサーになったのか(第6回)

大みそかオールナイトライブ生放送のラフな企画書を何とか書き上げた私は、カバン一つもって羽田空港に向かいました。
着替えも何も持っていませんが、向こうへ行けば何とかなるでしょう。
(事務所にあったレコード会社からもらったノベルティのTシャツは、1枚だけカバンの中に入れましたが。)
■飛行機は鹿児島へ
羽田に着くと、鹿児島空港は風が強いので天候調べ中とアナウンス。
場合によれば宮崎空港に着陸するかもしれないのでご了承くださいとのこと。
大塩さんに、そうなったらどうします?と聞くと、
ま、その場合は宮崎に泊って、明日の朝バスかJRで鹿児島に向かいましょう、とのこと。
宮崎と鹿児島だったら、交通手段ぐらいあるでしょうということで搭乗手続き終了。
さすが、場数を踏んだ人の落ち着きは違います。
そして、何とか飛び上がった飛行機は、夕暮れの中、一路南九州に向かっていきました。
■かごしま林田ホテル
飛行機はその後何の問題もなく、鹿児島空港に到着。
鹿児島市は空港からそこそこ距離があるので、この間はタクシー、料金1万円はしたと思います。
O氏が宿泊しているホテルはかごしま林田ホテル、前にゴルフに来た時私も泊ったことがありました。
O氏は現在ライブの現場にいて、この後鹿児島公演の打ち上げがあるので、ホテルへの戻りは遅いようです。
その日は、大塩さんと天文館の居酒屋でさつまあげ等を食べながら、明日どういう風に話をするかで鹿児島の地酒を何本もあけました。
ま、何とかなるでしょう。
酒がまわるに従って、結局何故私が今鹿児島にいるのかも、もはやどうでもいいような気分になっていきました、まあ予測されたことではありましたが。
(今、調べると林田ホテルは岩崎グループに買収された後に壊され、現在更地のままだそうです。すごい一等地にあったのに放ったままなんて。)
■O氏との打合せ
O氏とは、結局次の日の朝食時に、ホテルのレストランでお会いしました。
白のTシャツに白い綿パン、少し小太りですが、愛想のいい人でした。
「FM大阪でオールナイトのライブ放送やるんですか、へえ~面白いですね~ええ、ぼくが企画したライブ、ありますよ、場所は神戸のワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)です。出演バンドもほぼ決定で、まあまあ盛況になりそうですよ。」
神戸のワールド記念ホールか、まあまあ悪くないなと私は思い、O氏に聞いてみました。
「それで、ライブの中継はできるんでしょうか?」
「そうですね、ちょっと色々問題はあるんですが・・・」
O氏は、広げられたバイキングの朝食を次々に食べながら、少し言葉を濁して話を続けました。
(続く)