カテゴリー : 2011年 12月12日

音楽業界の衰退

「ネット配信などもあり、音楽産業はどんどん衰退していくのでしょうか?」というコメントをいただきました。
別に私が答える資格があるとは思ってはいませんが、戯言と思ってお聞きください。


これからも衰退していくかどうかは、何とも言えません。
ただし、一時期より衰退したことは事実です。
従来レコード業界で働いていた絶対数ですが、正確な数字は持っていませんが、感覚的には1/3です。
つまり、一番社員が多かった時と比べて、2/3はいなくなったという感想を持ちます。
音楽事務所もそうですね、かつてはバンドを中心にしたプロダクションがもはや見る影もありません。
私が懇意にしていただいている事務所にラプソディというのがあります。
スターダストレビューの事務所です、他のアーチストもおられますが、ビジネス的にはスタレビ以外は成立していないようです。
それゆえ、社員を新規に雇うことは難しいとお聞きしています。
音楽事務所を経営すること、これは今では本当にリスキー。
レコード会社とのコネがあっても、もはやお金が回ってくることはあまり考えない方がよさそうです。
言いかえれば、従来のビジネスモデルはもはや破綻した、ま、そういうことではないかと拝察されます。
何度も例に出しますが、AKBの「ヘビーローテーション」、Youtubeにアップされている公式PV、アクセス数ご存知ですか。
何と5600万ですよ。これに10円かければ5億6千万。
いつまでもCDの販売枚数を増やすにはどうしたらいいか、などということに血道をあげている業界、未来があると思いますか?
音楽業界の衰退は、ある意味自業自得ではないかと私は思うのです。
他にもビジネスのやり方、あるだろうが・・・。
著作権がどうの、ネットへのアップがどうの、何古臭いことを言っているのでしょう、わが音楽業界の連中よ。


ということで、コメントにお答えしました。
アイドルの話、また明日にでも書きますね。