カテゴリー : 2012年 5月15日

結局人の問題?

少し久しぶりな感じでブログの書込み。
ラジオの売り方シリーズを終えて、何か心が空虚になってしまいました。
でも、今日から頑張って書きます、また皆さん、読んでやってくださいね。


前々回に「停滞あるいは衰退しようとしている企業の根本的な問題はどこにあるかと言えば、人にあるといえます。」という津田さんの言葉を引用しました。
この場合は、結局社長がダメだから会社がダメになるという話でしたが、それは社員に対しても言えるような気がします。
20年ぐらい前でしたか、業界でよく言われていたことがあります。
それは、もはやレコード会社はだめだ、志望する学生が音楽をわかっていないからというものでした。


私が放送局に入り、ディレクターになった頃はレコード会社の人は私にとっては師となる人が多かったのは事実です。
とにかく、皆さん音楽に詳しい。
私の質問に的確に反応していただけましたし、こんな音、手に入りませんかねと聞くと、しばらくするとどこからか調達してくれたりしました。
ある人はオーディオマニアでしたし、ある人はパンクロックの情報に関しては右に出るものはいないというぐらい情報通で、休みができるとイギリスに行って最新のレコードを買い集めて来られたりしました。
そうです、当時のレコード会社、洋楽に強い人が主力でした。
どこか邦楽をバカにしていた感じがしました、邦楽なんか猿真似音楽だと言わんばかりに。
でも、結局そういう人が邦楽担当になり、CD時代になって圧倒的なシェアを獲得していくのですから皮肉なものです。
それだけ邦楽を客観的に見ることができたのでしょう。
でも、今のレコード会社の人は、もはやそんな差別化された能力を持つ人は少数派になりました。
自分のところが出すCDのことは知っていても、他所のレコード会社がリリースするCDについてはほとんど知らなかったりします。
つまり、自社が出すCDの客観的位置を読めないといいますか、きわめて半端な存在でしかない状況といえましょう。
早い話、優秀な人がレコード会社を志望しなくなったということです。
これでは、未来はありません。


そして、最近痛切に思うこと。
放送局にも、能力のある、本当に放送が好きで入ってくる学生が減ったということです。
何か放送マンの使命感というか、ジャーナリストとしての気概というか、そういうものがまるで感じられません。
例えば、FM局でいうと、そこでどう自己実現をはかろうとしているのか、まるで伝わってこない。
何のために毎日会社へ行くのか、どうやれば自分のやりたいことがやれるのか、その情報発信がまるでないのです。
何か、考えてはいるのでしょう、問題意識だってないはずはない。
でも、それを伝えようとしない、わかる人がわかってくれればいいと思っているのか。
それとも、下手に自己主張したら、会社から何をされるかわからないという防御的な気持ちなのか。
「人は石垣、人は城」、武田信玄の言葉として伝わっていますが、本当にそうです、その会社を維持する力は「人」なのです。
その人がレコード業界から消え、次にラジオ業界からも消えてしまったとしたら、どちらの業界にも未来はありません。
人は人なり、です。
景気がどうの、ビジネスモデルがどうのと言う前に、人がいなくなる現実にあなたは何が言えるのか、それを問うてみたいと心から思っている状況です。