カテゴリー : 2013年 10月25日

ラジオマンの悲劇と喜劇(2)

ラジオというのは、100人のうち1人聞いている人がいれば、何とかなると私は書いた。
このあたりは、商売人の感覚というか、とにかくどういう顧客がどれぐらいの割合でいれば、店は成り立つという肌感覚の問題だ。
ラジオにその感覚があるのか、ちょっと気になる。


大体、100人のうち一人が聞いてくればいいという考え方はラジオ局側にない。
あいかわらず、マジョリティに向かって放送している。
今のAM局、誰が見ても老人層をごっそりつかむつもりで放送をしているように見える。
数字はほとんど40代から上から頂戴している。
ある程度の年代より上はこんな話が好きだろうとばかりに、ずぶずぶの会話が今日も繰り返されている。
団塊の世代を狙う、それがラジオなんて言い方もある。
団塊マジョリティへの放送、それが今のAM局。
FM局はちょっと中途半端になりかかっている。
J-WAVEは相変わらず、開局した頃の路線を何とか続けようとしている。
だが、ご承知のように、もはやかつての神通力はない。
若い人は、J-WAVEに盲目的な支持を送ったりはしない。
かっこいいと思うのは、一昔前の若者たち。
それに気づくべきなのがラジオ局なのだが、果たしてどこまでコンセンサスを得ているのだろうか。


ラジオの人たちは、決して少数派に向かって放送しているとは思っていない。
常に多数派に向かって、番組を作っている。
でも、それが効果的なラジオ番組の作り方なのか、私はとても疑問だ。
本当、考えてもみなよ、1%だよ、たった1%。
多数に向かって放送する愚を感じない?どうして少数派を捕まえようとしないの、どうして?
私が、人気番組を担当していた頃、聴取率は5%ぐらいあった。
そう、一時期の大阪のFM802が喧伝していたぐらいの数字。
確かに、作りながらその重みは感じていたけど、そんな数字はあぶくみたいなものだという実感はあった。
5%といっても、20人のうち1人が聞いている程度だ。
本当に聞いている人に出会える機会なんかなかなかない。
それでも、ラジオ局はそれを人気番組と言っていた。
それだけでも、ちょっと違うんじゃないと私は思っていた。


ラジオなんて、そんなに聞かれているわけではない。
でも、聞かれていないのにかかわらず、何故かその影響力は大きい。
何故だろ、そう思わないか、何故だろうって。
つまり、1%をとれればいいのだよ、ラジオは、そうすれば、何故か人はそれを人気番組だと思ってくれるのだ。
100人のうち1人に聞いてもらう番組、それを作ればいいのだ、何も集団のど真ん中に爆弾を投げ込む必要はないのだ。
あんたの好きな人たちに対して、あるいは仲間たちに対して、本当に心から喜べるような番組を流し続ければよいのだ、会社のエライさんが何を言おうと、うるさい社員プロデューサーが何を言おうと。
あんたが楽しければ、それを楽しむ人もいるのだ、それが上昇スパイラルを呼び、聴取率1%、2%の人気番組になるのだ、決して10%の番組になんかなるはずもない!


ねらえ、1%の人気番組、それは広告代理店を説得もしなければ、会社のエライさんを説得もしない。
いきおい、クライアントへの訴求力も弱くなるかもしれないが、リスナーはきっと支持するはず。
だってそれは、1%の人気番組なんだから。
1%じゃ、ご不満?
でも、聞いてくれているんだよ、毎回毎回、貴重な時間をラジオに割いてくれているんだよ、1%の人が、その重みがあんたにわかるか、基本、ラジオとはそういうものなんだよ、多数の上にあぐらをかくものじゃないのだ、違う?そう思わない?


あはは、こんなこと言っていると完全に馬鹿にされるかもしれないね、でもいいんだよ、最近ますますそう思うんだ、ラジオは1%のメディアだと、それでいいじゃない、何が不満?ねえ、私のどこがいけないの~?