あけましておめでとうございます。

ということで、2015年が始まりました。
今は、1時を回ったところです。
そろそろ寝ないとという感じ、明日は10時から年賀の膳につきます。
ところで、ないことに私、紅白歌合戦を久しぶりに見ました。(といっても、9時までと、後半のサザンが出てきてから最後まで)
いつからか、紅白に近づくのが嫌になり、後日談だけで済ませていました。
本当は音楽業界にいて、これでいいのかという気になりましたが、何かイマイチ納得できなくて長く紅白を見なかったのです。
今年、本当に久しぶりに見て思った事。
基本的に、面白くない、それだけです。
音楽業界の既得権者の香りプンプン。
本当に皆さん、こんな構成の紅白歌合戦を面白いと思っているのだろうか、と。
業界の為の業界人による歌番組にNHKが加勢しているという印象しかありません。
でも、サザンがピースとハイライトを選んだのは、その意図がストレートに伝わって、興味深かったですね。
蟷螂の斧というきらいもなきにしもあらずですが。
本当にみんなが聞きたい曲を生で聞ける番組、そういう番組を他局が作ればNHKから視聴者は少しずつ消えていくかもしれません。
でも、そんな番組を業界は簡単に民放に作らせてくれるはずはないでしょうね。
おまえらは、おとなしく大晦日にNHKを見ろ、それが既得権者の意志なのでしょう、残念ながら。
既得権を破壊するなどと現政府は叫んでいるようですが、そんな簡単にはできないのが今の日本です。
多分、本気でやれば安部政権ですら潰されるかもしれません。
一時期の栄光を勝ち得た小泉元首相だって、反原発を唱えればマスコミが無条件で無視するというのが現状なのですから。
ま、そういう意味で、私はあまり放送局に期待は持ちません、長いつきあいの中で、放送局が主体的な強い意志を持てるはずはないと思っています。
テレビはただの現在にすぎない、と言ったのはどなたでしたっけ。
未来を感じさせないメディアが、我が物顔で国民の上に君臨している。
ラジオもそうなってはいけない、何か私にできることはないだろうか。
2015年に入って、強く思ったことの一つです。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。