レーティングの話~小ネタ集

しばらく更新していないので、レーティングに関する小ネタを集めてみました。


ラジオ局が出すレーティングを私たちはあまり信用していないという話を、あるクライアントの方からされたことがあります。
私はFM局の営業マンで、クライアントはファッション系の学校でした。
私は、新しいレーティングの結果を説明に行き、同時に放送単価のアップをお願いするつもりでした。
レギュラーで出稿いただいているクライアントは、一度決まった単価はそう簡単には上げてくれません。
いわゆる値上げ交渉、だったら来月からいらないと言われるリスクがあるのですが、物価の変動もあるので営業的にはやらないといけないことです。


で、ご担当の方、こちらの意図がミエミエなのか、「いやあ、私たちはこういうレーティングの数字をあまり参考にしないんですよね。」と次のように言われました。


私どもには何千という学生が応募してきます。
その度ごとに、どうして応募してきたのか、例えばどんな広告を見て(あるいは聞いて)興味を持ったのかをアンケートを書いてもらいます。
ラジオなら、どこの放送を聞いたのか、何曜日の何時なのか、それは詳しく聞きます。
それが、毎年毎年データとして残り、それを参考にして媒体出稿を考えるのです。
ラジオ局の方からいただいたレーティングは大雑把すぎて役に立たない、ま、私たちはそう考えるんですよ。


完全に話の筋をリードされてしまい、結局値上げ交渉はうまく行きませんでした。
そうこうするうちに、多分応募してくる学生のアンケートの回答から私の勤めていた局名が次々に消えていき、ついには全く出稿されなくなったというのが現実です。(その時には私は営業マンから元の制作マンに戻っていましたが)
つまりは、相手がまともに媒体価値を考えるクライアントだったら、もはやラジオ局のレーティングを使わないだろうと思う訳です。
それよりも、もっと具体的な結果、たとえばスポットを打てば、こういうレスポンスが返って来たとか、こういう商品が売れたとか、新しいムーブメントが生まれたとか、そういう具体例が相手に刺さらなければ、もはやラジオへの出稿など考えられないのではないかと思うのです。
さほど役に立たないレーティング調査を続ける理由は一体何なのでしょう、それに1局千万単位の金を使う意味はあるのでしょうか。


そうそう、これは前から気にかかっていることなのですが、関西では、最近FMcocoloのレーティングが上がってきて、FMOを抜いたという話を聞くのですが、FM802さん、レーティング費用、2局分払っているんでしょうか。
これ、馬鹿にならない費用だと思うのですが、実際どうなのでしょう。
関係者に聞こう聞こうと思いながら、今日まで聞けていません。
もしご存知の方がおられたら、また教えていただければうれしいです。
こっそりで結構ですから。


とにかくラジオがどれだけ聞かれているか、別にレーティング調査しなくても大体わかるような気がするんですよ。
イベントやれば、人がどれだけ集まるかわかるし、またそのイベントに来た人が、本当にラジオを聞いてやってきたのかも現場で聞けばわかります。
ラジオなんか、本当に皆聞いているの?と迷われているクライアントの方は、たまに小さくでもいいからイベントなどをやれば、何となくリスナー像が見えてきます。
意外と有効な広告媒体という結果になる可能性もあるし、全く話にならない結果になることもあるでしょう。
私も、イベントに関して数々の失敗もしています。
その結果、ラジオなんか何の影響力もないじゃないかと叱責されたこともあります。
媒体には得意不得意があるので、ラジオが全然だめというわけでもないのですが、レーティング調査にその解決を求めるはもはや効果的ではない、私はそう思うのですが。


レーティングの話、また書きます。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。