9月も終わり

先日、コミュニティFMの仕事、すべて終了しました。
私としては、やり残したことも多いのですが、ひとまず区切りということでリスナーの方にもお別れをしてきました。
私がかかわったのはワイド番組の一部なのですが、15分間ほど自分のコーナーを持たせてもらったり、いろんな音楽を自分のライブラリーなども使って紹介するゾーンがあったり、アーチストを中心に毎回ゲストに来てもらう、そのブッキングをしたり、番組の台本を書いたりしました。
簡単に言うとそれだけなのですが、長年の性なのでしょうか、毎回完璧な内容にしないと気が済まないので、毎日のように取材したり音源を捜しまわったり、ゲストのライブを見に行ったりしておりました。
早い話、このブログを書く時間もないぐらいに。
そういう重苦しい仕事から解放されたわけですから、これからは頑張って「フロムさんの大きなお世話」をやいていこうと思っています。
皆さんから、次の更新を待たれているというプレッシャーを感じていたので、どこまでできるかわかりませんが、またよろしくお願いします。


コミュニティFMの現場は、本当に久しぶりだったし、いいところも悪いところも色々感じ取られたので、そんな話もしてみようかと思っています。
私が今回かかわったコミュニティFM(FM HANAKO)さんは、二番目に古いコミュニティFM(一番は函館のFMいるか)だったので、放送は比較的安定しておりました。
少ないスタッフでも、いい番組作りをしようという意識を持った方ばかりでした。
ラジオが好きな人、こんなにいるんだなというのが率直な感想です。
もちろん、問題意識は皆さん色々お持ちです。
私も、少なからず注文をつけたくなることも多かったですが、新たに勉強になることも日々あったので、今後もお手伝いできることがあれば、させてもらおうと思っています。
本当は、もう一つの「フロムさんの大きなお世話~コミュニティFM編」を復活させようかなと思っていますが、何を書くかまだ決めていないので、しばらくこちらの欄に書かせていただきます。


さて、V-Lowを使ったマルチメディア放送、何だかまだゴタゴタしている雰囲気で、来年の開局がどうなるのかなという気分です。
AM局のFM補完が決まり、周波数も発表され始めていますが、編成方針として各局がこのFM補完部分で何をするのか見えていません。
時間があれば、いろんな方にお話を聞いて回りたいと思っていますが、さてどうなりますか。
たぶん、時間が相当できてくるはずなので、ちょっと頑張ってみるつもりです。
では、次回をお楽しみに。

近況報告~ラジオは変わるのか

いつのまにか、9月。
また、ラジオ業界は改編の季節がやってきた。
何故改編が必要か、民放においては一番の要因はスポンサー動向。
局がどれだけ高邁な編成方針をかかげても、スポンサーが下りれば何かと修正せざるをえない。
しかも、個人の消費は政府が何と言おうと落ちるばかりだ。
国の予算で公共事業を連発しても、個人にその恩恵が来るのは多分だいぶ先なのだろう。
企業はほっと一息をつくかもしれないが、その金を社員や従業員に分配するほどの余裕はないようだ。
もちろん、消費が停滞しているのに、宣伝費を増やすことなどなかなかできることではない。
ラジオに広告費を回すなど、よほどのラジオ愛好家が宣伝担当にいる企業だけだろう。
もちろん、ラジオが新しいストラテジーを持つのなら別だ。
「え?そんなことがラジオでできるのですか?」
そういうサプライズを用意できるラジオ局なら、新しい道は開けるだろう。
一体、クライアントから「すごいですねえ、そんなことがラジオでできるとは思わなかった。」と言ってもらった経験のあるラジオ局の営業マンがどれだけいることだろう。
「またそれか、もういいでしょ、わかりましたから。」と口に出されなくても、そういう類の対応をされた人はいっぱいいるでしょうが。
ラジオにはサプライズが必要だ、それをみんなで考えろ!
多分、上司が今部下に言わなければいけないことはそれだと思うのだがどうだろう。


さて、まもなく10月。
私も続けていたコミュニティFMへのお手伝いも、今月で終了。
なかなか勉強になったが、思っていたことの半分もできずじまいだった。
レギュラー的なお手伝いはお休みということになるが、私で出来る事ならいつでも手助けはしたいと思っている。
コミュニティFM、まだまだ捨てたものではない。

近況~V-Lowマルチメディアに関する気になるツイッター他

台風接近の中、少し時間ができたので久しぶりに更新します。
既にご存知のように、V-Lowの99~108MHZ帯をFM東京系に割り当てることを認めました。
審議会の答申も、ほぼ申請者側からの提案を了としているようです。
色々とゴタゴタしていたように見えていたのですが、いきなりの答申でした。
それゆえ、何があったのかという問い合わせもあったようですが、何はともあれ、これで今年中に九州でサービスが開始されることになりそうです。


ただ、気になるツイートがありました。
私がいつも参考にされている方のツイッターなのですが、以下はそのツイート。
「アナログテレビの空き電場帯域V-Lowでのサービスがエフエム半蔵門に「突然」認可されたと思ったら、やはり裏でいろいろあるようで、順風じゃないね。申請内容がそもそもヘンだったけど、やっぱりヘンな経緯のようだ。」
確かに変な経緯という指摘もわからないでもありませんね。
で、その後のツイートがこれ。
「ちょっと前からV-lowがヘンな展開になってるよ~ってTweetしたら、今さら、V-highも電波の無駄利用とか怒っちゃっている著名人がいて、しかもその著名人がIT界を代表するような人だったりして、ラーメン吹いた。w→http://toyokeizai.net/articles/-/41795 …」
著名人というのは、夏野剛さんでそのサイトでV-Highの帯域にNOTTV以外5社が参入するという情報が載せられています。
夏野さんは、NOTTVはもはやどうしようもない、全くビジネスとして成立しない状況の中、新たに5社も参入するなんてとあきれておられます。
夏野さんは、V-Lowについても、その可能性を否定しておられました。
私の 2013-12-13のブログ、「V-Lowマルチメディア放送の本気度~夢はどこにある?」を参照していただければわかりますが、マルチメディア放送はもはや時代錯誤らしいそうです。


さて、認可の方向に進んだV-Low帯、しかし、裏でなにかあるようで順風じゃないと書かれると、さてこれからどうなるという気もしますね。
要は、ビジネスとして、本当に勝算があるのか、壮大な無駄遣いではないのかという指摘にどれだけこたえられるか。
立場的には全く関係のない私ですが、引き続きフォローしていくつもりです。