私はいかにしてプロデューサーになったのか(第3回)

「フロムさんの大きなお世話~プロデューサー逍遥記」がラジオ部門で3位を2日キープしました。
皆さんのおかげ、とりわけ駄文にゅうすさんのおかげです。
ありがとうございました。
さて、「私はいかにしてプロデューサーになったのか」の第3回目です。
FM大阪電通担当のH君にいささか挑発されながら、私は東芝に提案できる企画を考えることになります。
■バンドスタンドの代わりを探せ?
当時、FM大阪は開局したばかりの802の攻勢に徒手空拳の状態で、大阪で行われる大晦日の「ロックンロール・バンドスタンド」の中継権もなすすべもなく取られていました。
ずっと東京にいる私には、そのあたりの情報はあまり伝わってこず、実際のところFM802の放送は一度も聞いたことがありませんでした。
大阪のことを心配するより、東京の放送事情を会得するのに必死だったからです。
■802にイベントなどの権利をすべて強奪される
802の攻勢は編成的にも営業的にもすごかったようです。
気持ちはよくわかります。
FM大阪も1970年に誕生した時は、全くのゼロからの出発で、社員も20代が一杯いてその士気は高かったと聞きます。
何しろ、当時の大阪でFM局などと言っても、半分の人には通用しなかったのですから。
「FM大阪ですが~」と営業の電話を入れても、「SM大阪?うちはそんないやらしいもの要らん!」と断られたり、「乳児用のミルクは取り扱っていない」と言われたり。(当時はFMといえば、明治コナミルクFMを指した)
そういう中で、音楽が好き、ラジオが好きという、きわめてハングリーなスタッフが毎日自由に番組を作ったのです。
リスナーをつかめるのは、さほど困難ではなかったでしょう。
その時と同じような世界が802のまわりに生まれたのです。
FM大阪を駆逐することぐらい、比較的簡単だったのではないかと推測されます。
■意地でもやってやる
というわけで、大阪の音楽ファン、ラジオファンは若い層を中心になだれを打ってFM802に傾いていきました。
電器店のステレオ売り場もラジカセ売り場も、ほとんどのチューナーが802に合わされていました。
もはやFMといえば802、FM大阪は東京の放送を流す共感できないネット局みたいな扱いではなかったでしょうか。
若い層が802を支持するなら、音楽業界も当然802支持。
ビッグアーチストのイベントの名義は、ほとんど802に移ったといっても過言ではなかったでしょう。
言い換えればアーチスト側からしても、共感されていたのは802なのです。
ロックンロールバンドスタンド~大阪の中継権を802が得るのは当然といえば当然でした。
そんな中、私に同様のオールナイトライブ生放送を企画しろというのです、しかもその年もまもなく終わろうとしている時にです。
H君の営業的要望というか、偉そうに言うならこれぐらいやれよという挑発なのか。
わかったよ、来週まで待ってくれよ。
そう言って私は椅子のリクライニングを倒し、天井を見つめながら、さてどうしようか、どこから手をつけようかと考え始めたわけです。

メディアは今~テレビ業界、紳助騒動の鎮静他~ツイッターより

本日のツイッターで、ちょっとしたメディア論を書いた。
大手メディアが行き詰っているのは、傍目から見ても明らかなのだが、そういう問題意識はメディア側に顕在化されていない。
■周辺から崩壊するビジネスモデル
未だに従来のビジネスモデルが有効なのだろうが、それは周辺から少しずつ崩れてきている。
BSテレビが黒字化したとフレームアップすることにより、テレビ業界は磐石という演出もされているが、そんなのは自分の足を食う蛸みたいなものだ。
それで飯を食っている人が多いだけに、簡単には崩れないようにしているが、ダムと同じで決壊すれば速い。
ま、その前に、テレビ以外のメディアもビジネスモデルが機能しなくなるので、まだ安心という関係者もいる。
広告ビジネスモデルは、確かにネットがらみで多様化しているが、商品との関わりにおいて変化していないわけで、しばらくは遺産で食えるというのも間違ってはいないだろう。
そういうメディア論は追い追いとりあげることにして、今日書いたツイッターを転記する。
ちなみに、本日のラジオランキング3位だそうだ。
多分、これから下がる一方だろうが、あまり気にしないで精進していきたい。
■メディア、島田紳助騒動とその後

やしきたかじんさんだったかな、紳助さん報道に「飽和するまで続く」と言っておられた。飽和したのか、何らかのバイアスがかかったのか、最近はメディアは明らかにトーンダウン。ミッチー、サッチーで次から次と燃料を供給させ、アホほど演出したワイドショー的メディアは沈黙。そんなものだろう。
posted at 12:09:22
紳助報道は今も数字がとれるはず。私の知っている人々(主にオバサン)は、どうなったのだろうと心配顔。しかし、それにワイドショーは対応しない。いくらでも証言する、夢よもう一度タレントは幾らでもいる。しかし、メディアはその人を守れないことを知っているから、サッチー論争的仕掛けはしない。
posted at 12:12:27
メディアはそれを取り上げたら、業界的にやばいと思うことには「言論の自由」なんか行使しない。相手が立場的に弱い場合、あるいはどこからかGOが出れば、ここぞとばかりに大特集。カストリ的話題が、毎日大画面を通じて日本中に流れる。私はきわめて不快だが、見る人がいることは否定できない。
posted at 12:16:02
メディアに対する不安は、高まっている。私は言葉狩りに堕するような風潮には心から危惧している。最近では「死の町」という言葉を使ったからと言って、結果的に大手メディアに退場に追いやられた大臣の件。「ゴーストタウン」といえば、セーフだったのに、なんて人もいる。イメージは同じだろう。
posted at 12:19:32
言葉狩りの材料なんて幾らでもある。今の野田首相を「どじょう」と名づけて揶揄するのも見方によっては自主規制すべき言葉かもしれない。我らのリーダーを「どじょう」と呼ぶのは不謹慎だと。とはいえ、学校でも人気の先生は、とんでもないあだ名で呼ばれていたので、一概には言えないと私は思うが。
posted at 12:23:41
大手メディアへの不信感がこれだけ高まっている時代はない。それをメディアはどう思っているのか。個人的には色んな意見を持っておられるが、アウトプットされるのは、従来どおりに演出された情報。現メディアの方法論に対する危機感は、形としてはまだ現れていない。過渡期とはそういうものか。
posted at 12:27:09
ネットは大手メディアを越えるとか、ネットで目覚めたと主張される方は、さまざまに大手メディアを批判される。でも、ネットとメディアの二項対立論は不毛だ。ネットによるコミュニケーションが作る世界は、大手メディアと対立するものではないだろう。AかBかという考え方は単純で理解されやすいが。
posted at 12:31:30

私はいかにしてプロデューサーになったのか(第2回)

東京支社に来て、現場の緊張感から疎外された形の私は、これから何をしようかと迷っていました。
ある時、外回りから帰ってきた電通担当のH君が、腹をユサユサさせながら私の元へやってきました。
「東芝が年末オールナイトライブを探している、何とかしてよ。」
何とかしてよっていきなり言われても、何をどうしろというのでしょう。
■東芝がオールナイトライブを探している?
東芝が探しているといっても、実態は代理店が年末のオールナイトライブをクライアントに提案したいが、大阪にもそんなライブはないの?と聞かれたということのようです。
当時(1989年)は、年末に「ロックンロール・バンドスタンド」というのが定例化され、全国で様々なアーチストが参加して盛況でした。
今でも、大晦日のオールナイトライブはカウントダウンに参加しようという若者で盛り上っていますが、「ロックンロール・バンドスタンド」はその流れを定着させる画期的なイベントだったのです。
■「ロックンロール・バンドスタンド」の情報がネットにない?
さて、その「ロックンロール・バンドスタンド」には、どんなアーチストが出ていたのでしょう。
ネットでざっと探してみたのですが、ズバリというものがありません。
いくつかのデータを拾ってみると、
THE BLUE HEARTS、ECHOES、The Street Sliders、C-C-B、SHOW-YA、ZIGGY (以上「ロックン・ロール・バンド・スタンド」~岡山)
BARBEE BOYS、泉谷しげる with LOSER、RCサクセション、UP-BEAT、JUN SKY WALKER(S)、山口富士夫&ティアドロップス、BO・GUNBOS(以上、同~名古屋)
喜納昌吉&チャンプルーズ、ザ・ワルツ、カブキロックス、ハウンド・ドッグ、ファースト・ブラッド(以上~沖縄)
その他、千葉幕張でタイマーズにレピッシュ、白井貴子、鬼頭径伍、場所はわからないが、永井真理子にトーイズ、クスクス
、筋肉少女帯、レベッカ等々、とにかく日本中の人気ライブバンドが集まり、全国各地でオールナイトライブを行っていたのです。
とはいえ、これらは断片的にあるものを私が集めてきたもの、「ロックンロール・バンドスタンド」のデータベースがネット上にほとんどないのにちょっとビックリ。
こんなことでいいのでしょうか。
■オールナイト・ライブの中継を今から考えろ、予算はあるから
「ロックンロール・バンドスタンド」の話に少しのめりこんでしまいました。
話を元に戻します。
つまり、FM大阪電通担当営業マンH君の依頼をまとめるとこういうことです。
東芝提供の大晦日オールナイト・ライブの生放送を全国の局で提供したい。
大阪地区ではまだ決まっていない。
バンドスタンドは大阪城ホールであるのだが、そちらは開局したばかりのFM802がライバルスポンサーの提供で生中継が決定している。
大阪地区としての電波予算はキープされているので、同じようなことができるなら一社提供という形で金を回せるけど、どう?
もちろん、大阪の制作連中はFM802の攻勢を指をくわえている見ているだけ、ねえ、東京の制作マンとして、何とかしてよ。
顔を赤らめ、腹をユサユサさせたH君は、ねえねえねえと何度も私に語りかけてきました。
それは私にとって悪魔の囁きであったことを今では痛感せざるをえません。
(続く)


「ロックンロール・バンドスタンド」がデータベースとしてネット上に存在しないことに、これを書いていて初めて気づいた。
当時のFM雑誌のバックナンバーを調べれば、おおよそのデータは揃うだろう。
このシリーズ書き終えたら、国会図書館に行ってこよう。